「税金で買った本」のあらすじと感想や評価をレビュー!図書館に行きたくなる読み物

おすすめの本

今回紹介する本は、「税金で買った本」です。あの麒麟の川島さんがアメトークのヤンマガ芸人で紹介していた漫画です。頭の回転のいい人が読んでいる本とあって増々興味が湧き、読んでみることにしました。

面白い表現内容もあり、初心者には読みやすかった本だと思いますし日常生活を違った視点で見てみるのも楽しいな、図書館ってこんなメリットがたくさんあるんだと感じさせてくれる本でした。

「税金で買った本」のあらすじと内容の詳細

「税金で買った本」は図書館のお仕事についての内容です。ヤンキーの石平君が10年前に借りた図書館の本を返却していないことを、図書館で働く早瀬丸さんと白井君に指摘された事ををきっかけに、図書館に通うようになるどころか働くことになります。

そんな石平君が、ルールに厳しくも図書を愛してやまない愉快な仲間たちとともに、色々な出来事を通して、知ることの楽しさを知っていくお話です。

例えば「延滞した本はどのように弁償するのか」「借りた本が破れたらどうしたらいいのか」「お得に図書館を活用する方法」など本を読むまで知らなかった事がたくさんこの漫画から学べます。図書館は利用しないと損!読んだらすぐに図書館に行きたくなる、そんな一冊です。

「税金で買った本」で勉強になった部分

私は図書館をよく利用する方なのですが、まだまだ知らないことがたくさんあるのだなと、「税金で買った本」の漫画を読んで感じました。面白かったのが最大限得をしようと、図書館でスマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機などの充電をしていた男の子がいたのですが、計算してみるとそれで得をするのは一回につき良くて5円。

それならば本を一冊借りた方がよっぽどか得。それどころか一冊1000円として一ヶ月20冊借りたら20000円の得。せっかく税金を払っているのだからたくさん図書館を利用しなくてはもったいないということを学びました。

あと、図書館で働くには図書館司書の資格がないと働けないのかと思ってましたが持ってなくても働くことは出来ることをしりました。図書館で働いている方たちは本が大好きな熱い人たちなのだとわかりました。

「税金で買った本」で今後役に立てたいと思った内容

「税金で買った本」では、読みたい本を全て本屋さんで買っていてはお金が足りなくなってしまいます。こんな時の味方が図書館。とはいえ図書館の人気の本は順番待ち人数が多くなかなか読むことは出来ません。上手に図書館を活用して読みたい本をお得にたくさん読みたいなと思いました。あと図書館の職員さん達の事も考えて本を借りようと思います。

作中にもありましたが破れた部分をセロテープで直してしまうと紙の色が変わってしまうので絶対に貼らないこと。よかれと思ってしたことが職員さん達の負担になってしまう。この漫画を読んで職員さん達の負担になることはしないぞ!と誓いました。そもそも図書館の本はみんなの税金で買ったみんなの本。大切に扱わないといけないと思いました。

「税金で買った本」を読んだ感想や評価

「税金で買った本」を読んでみての感想は、図書館のお仕事について、とても勉強になったという気持ちが強いです。私は高校生のころ、図書館司書に憧れていました。結局資格をとることはありませんでしたが、今でも図書館は大好きでよく通ってます。

この本で図書館の裏の部分がわかり面白かったです。あと「こんなひどいお客さんがいるの?」と驚きました。(例えば図書館の本を破ってしおり代わりにするなど)実際にいるのか?はわかりませんが、色々なお客さんがいるのだろうな、職員の方は大変だなと感じました。キャラクター的には白井君が好きです。

愛する図書館の本と人々を守るため体を鍛える(クレーマーなどに対して自らを大きく見せて争いを避けるため)という変な方向の努力をしていたりしますが。白井君の「だれかに教えられるのではなく知りたいから本を開く、一番純粋な本当の学びです」という言葉が好きです。本を読む理由ってホントこれだなと思います。

タイトルとURLをコピーしました